独立を考えている方におすすめ

IT業界は様々な便利なサービスを多数世の中に出しており、これからも発展していく可能性が高い業界です。
成功すれば多くの収入を得ることも見込まれる業界であるため、ベンチャー企業などもまだまだ出てくる可能性があるかもしれません。

ベンチャー企業においては、成功すれば初期メンバーへの優遇もあるとはいえ、新しい企業であることも含めると将来的になくなってしまう危険性が存在しており、冒険的な意味合いも少なからずあるでしょう。
そのため、就職を検討されることを躊躇される方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、もしも将来的にこの業界で独立したいと言う気持ちがある方がいらっしゃるのであれば、就職におけるメリットはある選択だといえるでしょう。

ベンチャー企業においては初期段階では人件費の面もあり、必要最低限の人数で仕事を行う場合があり、重要な仕事がまわってくる可能性が大企業以上にあります。
そのため、大企業に比べると早い段階から業界経験において他に差をつけられる可能性があるといえるかもしれません。
新人のエンジニアなどではできないような経験を早めからできるということは、その後の独立などを検討している方にとっては早く独立できるだけのスキルを得ることにつながります。
独立したいのであれば、修行だと思って案件に取り組むことが大切なのです。

ベンチャー企業のデメリットとも言える企業がなくなってしまうかもしれないという危機感は、独立することが目標の方は一生そこで働く決意をしているわけではないため、たとえ企業がなくなってもあまりデメリットにはならないのではないでしょうか。